風俗体験談!人妻ヘルス編

人妻風俗嬢は百花繚乱!女は30過ぎて輝く・・・

08 2月

レア奥様

Posted in on 08.02.13

今回選んだヘルス奥様は、顔はいまいちだけどスタイル抜群。 母乳も少し出るというレア奥様。

ショートカットで、顔は・・・農民チックな田舎っぽい顔立ち
(ちゃんと化粧はしてます)

でもスタイルは
身長:158cm
スリーサイズ:B89E W58 H86
年齢も30歳。 6ヶ月の小さなお子さんがいるそうです。

半球型の綺麗なオッパイに、母乳が出る乳首は、少し大きめで吸い付くのにちょうどいい大きさ。

授乳期なので、乳腺が張っているおっぱいは少し固めだけど母乳を出すと、少しやわらかくなります。

このヘルス嬢自身、感じると自分でおっぱいを揉みだしてそこらじゅうに母乳を撒き散らします。

その姿は、変態奥様に相応しい、まさに淫乱ヘルス嬢です。

妊娠・出産を経験して前のお店を辞めて、姫路 風俗求人でこのお店を見つけたそうです。

シャワーを浴びて、今が旬のEカップの母乳が飛び出るおっぱいを堪能します。

まずは立った姿勢で、正面から両手でオッパイを鷲づかみにしてモミモミしてみます。

すぐに乳首から、トローンと白い母乳が滴りおきてきました。

ペロペロと舐めると、ミルキーの味がします。

「あぁ。オッパイでちゃってる。気持ちいい。もっともっと舐めて。」

母乳だしまくりの変態ヘルス嬢は、私に搾乳をお願いしてきます。

「じゃ、もっと搾り出してあげる。」

ギュギュッとオッパイを揉みまくる私。 手は母乳まみれになってしまいました。

次に、ヘルス嬢をベッドに寝かせて、どれ位濡れているのかチェックするため、彼女の陰部に顔をうずめてみます。

ほどほどの大きさのクリトリスは、しっかり勃起していて、小陰唇のあたりまで愛液で満たされていました。 十分感じているようです。

右手でクリトリスを刺激しながら、左手の指を2本、膣に入れて陰部を丹念に愛撫します。

「あぁん!あそこがとっても気持ち良いの!もっとさわって!」
と懇願するヘルス嬢。 オッパイは自分でさわってます。

クリトリスと膣の愛撫を強める度に、自分のオッパイをギュっと揉み、その度に母乳が勢いよく噴出しています。

潮こそ吹きませんでしたが、陰部へのアタックで2回ほどイッたヘルス嬢は今度は私をイカせるために、フェラチオをはじめました。

攻めるのは、あまり得意なほうじゃないみたいで、正直、気持ちよくなかったけど一生懸命、肉棒にしゃぶりつく姿を見て、がんばって勃起してあげました。

程なく、彼女の口の中に、私が射精した精子がドバドバッと入っていきました。

一旦、精子を口の中で受け止め、口の中の精子を、ティッシュの上にトローンと吐き出しました。

どうにも母乳プレイは、いつもの3割り増し位でエッチな事を創造しながら楽しめるので、お乳が出る間だけでも、時間のある限り、このヘルス嬢を指名したいと思います。

他の地域にもこういった専門店があるようなので、出産後でお仕事を探している元風俗嬢の方は、和歌山 風俗求人などもご覧になってみてください。

コメントは受け付けていません。